読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家紋…

夫の母から…

私が◯✖️△□…

◯子の結婚が…◯✖️△□…

との前置きがあり、封筒を渡された。
娘(孫になる)に帰省の度にお小遣いを渡してる。その続きに私に渡された封筒。娘のより分厚い。。。 

私の理解が間違ってるのかを夫に聞いた。どうも間違ってはないみたいことが判明。

つまりは、私の葬式のときにうち(夫)の家紋の入った喪服を用意してほしい。

つまりは、◯子の結婚式が決まるかもしれないので、うち(婚家)の家紋の留袖を用意してほしい。

と言う意味らしい。
ビックリした。。。

で、よく聞くと
◯子(36才無職)が結婚してもいいと言うてるらしい。適当な人がいたら…
決まりそうなのかな?
そこらがわからない…
そうなら、めでたいことなので良い。
ととも良い。
だから、夫に聞いてもらう。

私は結婚のときに、留袖も喪服も持たせてもらってる。確かに紋は違う。
そんなものだと、聞かされてきたし…

夫のお母様へ

いくら、安物でもいいと言われても…
20万で、留袖、喪服って無理かと。
着物だけでも…って、イヤ無理。
私、持ってますから…

あなたの、娘さんの喪服はあなたの、つまりは実家の紋でしょ?
いいのよ。それで…

で、何が嫌って…

娘の前で私にお金渡すのやめてください。私、欲しくありませんって言えないじゃないの。
もらいたくないの。。。