読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっ?

私が精算してるんですよ。 

 

後ろからロッカーカードを、ポンと投げるって…

どういうこと?並ぶってことしらないんですか?
どんな地位にあるのか知りませんが常識ってご存知ないの?

受け付けの若い女性達、笑顔であなたのことランク付けしてますよ。

家庭内でも同じことしてるんでしょね。

賢いオンナは何も言いません。

通じない人にはどんな言葉も通じないのよ

 

 

 

無駄な時間

私の好きなドラマや映画はぜったいにひとりで見るのだ。

あなたと見ると腹が立つ

いやなの

今も、ドラマ見るって言いながら、スポーツ見てる。 

そういうとこが嫌いなの

大嫌いなの

 

先に見といてよかった。

ホントよかった。

 

かっぱ

文豪の朗読
谷川俊太郎が読む「理想的な詩の初歩的な説明」「かっぱ」 江國香織が聴く》
「文豪の朗読」一覧はこちら
 すっきりした声による、明晰(めいせき)な朗読。声が言葉と一体化している。無駄なものが何もないのがおもしろい。“理想的な詩の初歩的な説明”という、いかにも谷川俊太郎的な題名の詩のなかに、「詩はなんというか夜の稲光(いなびか)りにでもたとえるしかなくて/そのほんの一瞬ぼくは見て聞いて嗅ぐ/意識のほころびを通してその向こうにひろがる世界を」という一節があるのだが、この詩人の朗読を通して、私たちもまた、それぞれの詩を見て聞いて嗅げてしまう。これはとても稀有(けう)なことだ。なぜなら、普通、肉声には逡巡(しゅんじゅん)や含羞(はにか)みや体温や感情が混ざるからで、それはそれで貴重ではあるにしても、文字だけでできた詩や小説そのものにとってはやはり余分なものだからだ。でもこの詩人の場合、その余分がない。肉声に、逡巡も含羞みも体温も感情も混ぜずに発音している。すごい。そんなことができるものだろうか。もしかすると、この人は普段「ネリリし」たり「キルルし」たり「ハララし」たりしている宇宙人なのかもしれない。あるいは、詩人というのはそもそも「もの言わぬ一輪の野花」だから、逡巡も含羞みも体温も感情も持たないのかもしれない。
 ログイン前の続きというわけで、一編ごとに(たぶん詩の言葉と詩人の同化現象によって)空気が変(かわ)る。“二十億光年の孤独”の透徹した軽やかさ、“鳥羽1”のしっとりした重み、“おばあちゃんとひろこ”のあわあわした哀(かな)しみ。
 なかでも必聴なのは“かっぱ”で、これはもうただごとではない完成度の朗読である。可笑(おか)しい。何度も繰り返し聴いてしまうこと請け合い。言葉遊びなのだから当然かもしれないが、わかっていてもつい笑ってしまう。声とひらがな、リズムと音。文字を見ながら聴くと、目から入る情報と耳から入る情報が渾然(こんぜん)一体となる。それは、自分に肉体があることを忘れてしまいそうに軽やかな体験で、とても気持ちがいい。(作家)
     ◇
 1960年代に発表された朝日新聞が所蔵する文豪たちの自作の朗読を、識者が聴き、作品の魅力とともに読み解きます。
     ◇
 今回は、電子書籍シリーズ『谷川俊太郎~これまでの詩・これからの詩~』(岩波書店)の朗読音声を元にしています。

三流にもなれない

中途半端な年齢のちょい綺麗だけど、特に何かがってのもない女性

でも、ちょい美人さんなのでかなりプライドがあるらしい

若いころはそれでもよかっただろうがアラフォーともなるとイタイ。男性からはどうかわからないが同性から見るとイタイのだ。

 

以下出来事

 

たまぁ〜に
と言っても2回だけやけど…
コメント気に入らないとメッセージ送ってくる人がいる

 

その2回の共通点
女、アラフォー、美人、仕事バリバリとバリバリやってた
結婚してるけど子どもはいない

 

FBってコメントの削除は全部消えるけど
メッセージは削除しても送った側しかできないはず
もらった方にはずっと残るの

当たり前やけどメッセしようとしたら最後の内容が残ってる。何年たっても

コメントしといて削除した方がマシやないろうかぁ…あ〜けどそれやったら他の人に見られるか

 

ケース1
すみませんが私のコメントに公開しているものにはプライベートが伺える感じの内容は書かないでください。主人に見られると本当に困ります。
今は○○○の情報集めで公開にしているものが多いので。

 

ときた。

ん〜なら最初に言えよ…怒
ってか、な〜んもたいしたこと書いてないのに…それさえも見られたらマズイんか…
こっちは、その夫さんの会社の回り回ってのお客なんやで(実はそんなに回ってない直接に近い)
仕事はしないように言われてるので隠れてやってるし〜〜
この時点で信じられない

 

ケース2
飼い主に飼われてるの身なので…
こどもを諦めたくないので、なんたらを冷凍保全やめるとかの書き込み

 

飼われてるの?

 

と聞けば

 

昔は私が養ってたから飼ってたんだけど、今はは向こうに養ってもらってるので飼われてる。。。中略

で、車での送迎なんかしたら後で時間給で請求してくる。。。以下略

 

全女性を敵にまわした。と思った。

 

だから…

 

クールな関係なんだ。と書いた。

 

速攻メールがきた

 

こんにちわ。
○○さん、飼主=主人です
言葉あそびをちくちくつつかないで。
主人とかいても、夫と書いても、
いうひとは言う。
むずかしいですね、

 

と。

冷静さに欠けてる

お遍路2回もして、悟ったふうなこと書いてるのは嘘だと思った。

お遍路ライブという名の売れないタレントだと確信した。

お遍路CD作って売り上げを寄付したいからとクラウドファンディングでお金集めてる

いいことしてると思ってる  

 

先日

市川染五郎さん、市川金太郎くん親子連獅子の初演を見る機会があった。

金太郎くんは11歳

どれだけお稽古をしてきたのか

本物の歌舞伎役者になるためブレることなくお稽古をしてきた立派な舞台だった。

 

彼女は3流にもなれない…

 

家族旅行

家族旅行

今までは同じ苗字一家の旅行が家族旅行だった

今回はふたつの苗字・3家族
この3家族揃っての初めての旅行は娘の企画で大盛況の大成功
ありがとうね!!

結納のときに、相手のお父さんの言葉
家族が増えて嬉しい…
その言葉通りまったく変わらない娘ダンナちゃん家族
これから楽しいことが待ってそうな予感は的中らしい

旅行の記録は後日…
今の気持ちのメモ

まだ消せない

毎日かあさん

見たのは2度目

 

私ちゃんと生きてないなぁ…

つまらない時間過ごして来たなぁ…

まだHDに残しとこ

 

https://www.youtube.com/watch?v=-vWRo86H_hg&feature=share

 

日帰り

入院中の父が少し話せるようになったと姪っ子からのLINE
15日から実家に滞在18日に帰ってきたばかりの20日のこと

先週、深刻な状態になったと連絡があり15日に病院へ
こちらの呼びかけには答えるも声が出ないらしい
ともかくこちらのことがわかるのでホッとしたばかりだったので、顔見るだけでも片道230キロを翌21日に日帰りで行ってきた。
本当に話もできるようになってた。

とよかった…いい話


左に曲がった!!!
助手席の夫

病院の後、母・姉夫婦と一緒に遅めのランチにいく途中
前の姉たちの車の後についていってた
行き先はわかってる
実家エリアなのでどの道を通ればいいのかもわかってる
大声に反応して左折…
「あっ、車見間違えた…』

…いつもこうだ
いつもこうだ
大声にびくっとして反応してしまう
なんなんだ

ランチは前から行ってみたかったお店
想像以上に素敵なお店だったので許す…

父の病院関係予算でご馳走になりました。
次はライブで行きたいな

とにもかくにも、父がそれなりに落ち着いてくれてよかった